夏太り 原因 対策

夏太り、夏なのになぜ太るの?その原因と対策

夏太り、夏なのになぜ太るの?その原因と対策

夏は暑いから食欲も出ないしジャンジャン汗かくから、
太らないって思ってる方?

 

そんなことありませんよ。

 

じつは夏なのに太る、夏太りする方がとても多いんです。

 

えっ?どうして?

 

夏太りの大きな原因は、気のゆるみ・・なのです。

 

ではその理由を書いてみますね。

 

理由その1

 

夏はそもそも基礎代謝が低下しています。
多くの方は大量の汗を掻く夏は、代謝が上がるよね!!って考えてるみたいですがそれは間違いです。
じつはたとえば気温が30℃を超えるような猛暑日は、人間の体温にとても近づいてる状況なので、逆に基礎代謝が低下してしまいます。

 

 

理由その2

 

夏は当然暑いんで多くの汗を掻きますが、じつは流れる汗にはビタミンやミネラルも含まれてます。
このビタミンやミネラルは脂肪を代謝させるための大事な成分です。

 

 

理由その3

 

猛暑の季節になれば、多くの方はクーラーの効いたオフィスワークが中心になりますね。
しかしこのクーラー冷房に長時間接すれば思った以上に体は冷えた状態になります。
体の表面はもちろん、内臓まで冷えてしまうんですね。しかも脂肪分の多い食事をとったり、甘いアイスやジュースなどばかり取って入れば、皮下脂肪はもちろん、内臓脂肪も増加しますし、さらに血流がクーラーなどの影響で悪くなればセルライトがいつの間にか溜まってしまい、下半身太りの要因にもなりかねません。

 

 

では夏太りしないための対策ですが、簡単です。
1、基礎代謝を上げること。たとえば朝の涼しい時間帯にウォーキングや軽いストレッチ運動をする。

 

2、冷房に長時間当たるのを避ける。

 

3、暑いからと体を冷やすようなアイスやビールばかりを摂りすぎないこと。

 

4、汗で流れたビタミンやミネラルの補給をすること。脂肪燃焼に効果的と言われるビタミンB1・B2を積極的に取りましょう。

 

5、デスクワーク中心の方は特に30分に一度ぐらいはむくみやすい脚などマッサージやストレッチをしてください。また1日の終わりはお風呂にゆっくりと浸り、半身浴などもいいですし、ぜひ代謝を上げる試みで1日の疲れを癒しましょう。

 

 

痩身エステを比較するなら


ホーム RSS購読 サイトマップ