痩せやすい 体

痩せやすい体作り

痩せやすい体作り

それでは、痩せやすい体にするためにはどのようなことを行えばよいのでしょうか。

 

根気よく体質を変えれば痩せやすい体に近づけることができます。
そのために覚えておきたいことは自律神経を整えることと、基礎代謝を上げるということです。

 

自律神経が乱れていると内臓機能が低下することがあります。
内臓機能が低下すると食べたものがなかなか消化されずに体に溜まってしまったり、脳脊髄液が滞ってしまったりして結果的に代謝も悪くなってしまうのです。
(脳脊髄液は神経の栄養や老廃物を運び、内臓の働きや分泌を促し内臓の調整をするのに大切な役割をしているものです)

 

また、基礎代謝とはなにもせずに横たわっている状態でも生命活動を維持するために
使われるエネルギー量のことです。

 

この量が多ければもちろん痩せやすい体といえます。

 

食事制限で肉は太るからと避ける方も多いですが、
実は肉や魚に含まれるタンパク質は基礎代謝にとって重要なのです。

 

代謝を高める食事とは高タンパク低カロリーで栄養素がバランスよくとれた食事ともいえます。
タンパク質は肉や魚以外にも豆腐や納豆などからも摂取できますのでバランスを考えて組み合わせましょう。

 

また、近年では低体温といって平熱が36度以下の人も増えているようです。
低体温も代謝を悪くする一つの原因です。

 

なるべく体を冷やさないように心がけましょう。

 

体温が1度下がると免疫力は3〜4割低下し、代謝は1割程度落ちます。
なるべく36.5度〜37度になるよう心がけましょう。
痩身エステではこの痩せやすい体作りのために遠赤外線で体を芯から温め、
セルライトを除去していくという方法がよく採用されています。


関連ページ

エステティックの歴史
エステについて知る前に、エステの歴史について知っておきましょう。
エステティックの種類
では、エステティックにはどのような種類があるのでしょうか。今では10代の女性までもが訪れるといわれている脱毛エステですが、ブラジリアンワックスやレーザー脱毛、光脱毛など様々な種類があり用途や予算によって選ぶことができます。
セルライトについて
女性誌やダイエット本などで近頃よく目にするセルライトという言葉ですが、いったいそれは何なのかご存じでしょうか。
痩せるメカニズム
簡単に言うと食べる量が多く運動する量が少なければ太ります。
エステティシャンとは
痩身エステに興味を持っている方は多くいますが、痩身エステを行うエステティシャンとはどういう人なのでしょう。
ホーム RSS購読 サイトマップ